セーラー服フェチの怪しい性癖!?

少し前に、セーラー服や女子の体操着を盗んだお笑い芸人が逮捕されるという事件がありましたが、窃盗はともかく、セーラー服フェチの男性は少なからずいて、それ自体は犯罪ではありません。処女の少女たちの、背伸びした香水や石鹸の香りに加え、汗の臭いや生理の匂いにすら興奮して勃起する人たちです。いわゆる「ブルセラ」ショップが繁盛したのも、こうした嗜好の人が大勢いることのひとつの証でしょう。ただ、ブルセラで売られている制服などの元の所有者には、めったに「処女」はいないようです。

マニアは、制服だけでなくブルマーやジャージ、靴下、運動靴やローファーなども収集します。眺めて楽しむだけでなく、自分で着てみたり、写真や動画を撮ったりもします。オナニーしてスカートの上に思いっきり精子をぶっかける、といったことも、マニアの間ではよく行われているのだとか。セーラー服でオナニーしない人の方が珍しいようです。処女を汚す喜びで勃起し気持ちよくなるのでしょう。フェチなのにユニフォームで勃起できなくなれば、それはED。勃たなくなったからと、バイアグラを飲んででも射精に励む人もいるようです。

服とセックスする!?

セーラー服フェチの男性たちの楽しみ方にはさまざまありますが、一番人気なのは、制服とのセックスです。ベッドの上に制服を寝かせ、服を着せたまま足を高く持ち上げて挿入する、といった想像をしながら、服の上に寝そべって自慰をするのです。ピストン運動をイメージしつつペニスをこすり、そのまま、スカートの股関や上着の胸の部分にスペルマを放出します。

自分のモノをルーズソックスで包んでこする、とか、スカートの下にブルマーをはかせ、股間部分の脇からペニスを挿入してこする、といった手法もあるようです。いずれにしても、セーラー服は少女の代替品であり、生身の女子とはできないことを、妄想で実現するわけです。犯罪行為に走らない限りにおいては、健全な楽しみと言えるかもしれません。不気味だとか気持ち悪いと批判する人もいるでしょうけれど、あくまでも個人の趣味としての行いであれば、非難されるものではないでしょう。

着るというのも趣味!?

セーラー服フェチの人たちは、服を相手にオナニーするだけではありません。手に入れた服の最初の使用法は、「着る」です。水着やブルマー、体操服などもそうですが、まずは自分で着てみるのが一般的です。身に付けると、ペニスがびんびんに立ってしまい、どうしようもなくなってそのまま射精する、ということを多くのフェチが経験しています。その快感に酔いしれると、自分の姿を撮影したくなるようです。アダルトサイトには、制服を着てオナニーする男性の自撮り動画がアップされていたりもします。

着る楽しみに目覚めると、ティテールにもこだわりが出ていて、Tバックのパンティやブラジャーを身に付けたりする人もいます。そのままお風呂に入り、下着がスケスケになったのを見て興奮する、という楽しみ方もあるようです。スクール水着を着て股の脇からペニスを出し、こすって射精する、というのもよくあります。

セーラー服フェチの男性たちの楽しみは、服を使っていろんな妄想をすることです。犯罪行為でなけれな、最終的にはオナニーですっきりするだけですので、健全な遊びとも言えるでしょう。


Copyright(c) ようこそ、フェティシズムの世界へ All Rights Reserved.