週末フェチを楽しもう!

「あなたは足フェチですか?」との問いに、「YES」と答える男性は珍しくありません。しかし「女性の足の臭いを嗅ぐのは好きですか?」と聞かれればどうでしょうか?「YES」と答える男性は一気に減りますが、それでも「YES」と答える人はゼロではありません。

このような「足の臭いフェチ」は、昔は嫌がられる存在でした。「変態っぽくて嫌いです…」という認識が一般的だったでしょう。しかし今では、足の臭いフェチが集まるサークルも存在しており、女性の中にも「嗅がれるのが好き」という方がおられます。

そこで、平日のキツイ仕事を乗り越える英気を「週末フェチ」で養ってはいかがでしょうか?

足の臭いフェチが集まる店がある

風俗店と聞けば「性的サービス」を思い浮かべますが、「足の臭いフェチ専門の風俗店」があることをご存知でしょうか?女性の足の臭いに萌える男性が客としてやってきて、在籍する女性の足の臭いを存分に楽しむというものです。
決して安い料金ではないので毎週は難しいかもしれませんが、それでも在籍する女性はプロです。足の臭いフェチの中には「臭いほど良い」という男性も多く、そんな男性の欲求を満たしてくれるプロのサービスは最高の一言です。

実際、このような風俗店を利用する男性の中には、「週末にここに来ると、また来週も頑張るぞ!という感じで仕事のやる気が出る」という方も多いそうです。「そんな馬鹿な…」と思ってしまいそうですが、本当に英気を養っている方がたくさんいるとのこと。ごく普通のサラリーマンの利用客も多く、店側もプライバシーを守ってくれるので勇気を出して行ってはいかがでしょう。

マッチングサイトを利用する

足フェチの中には、マッチングサイトを利用している方も多いようです。無料のサイトはサクラが多いのでパスですが、有料サイトに登録して「足を嗅がれるのが好きな女の子」を探すのも1つのアイデアでしょう。
このようなサイトでは、自分が足の臭いフェチであることを隠してはいけません。目的は「嗅がれるのが好きな女性」を探すことにあるため、「かなりマニアックな臭いフェチです」と最初からカミングアウトしてください。
そうすることで最初から「嗅がれても良い女の子」に絞って探すことが出来るため、「出会ってからカミングアウトして嫌がられる」という典型的な失敗例を防ぐことが可能です。
さらに強者になると、「足の臭いフェチ同好会」を設立して、固定メンバーで定期的に楽しむ方もおられます。一般的にメンバーが募集されているわけではないので、出会えればラッキーという感じでしょうが、もしそのようなサークルや同好会を見つけたらぜひアタックしてください!

「週末の楽しみがあるから、平日は頑張れる」という方が多いのは事実です。もちろん風俗店では店側のルールを守り、同好会などでもマナーを守って楽しむのが基本ですが、昔のように「足の臭いが好き」を隠す時代でもないでしょう。


Copyright(c) ようこそ、フェティシズムの世界へ All Rights Reserved.