メガネフェチの女は勉強ができない!?

メガネ男子が好み、という女性は少なくありません。と言っても、元々日本人にはメガネをかけている人が多く、老眼鏡も含めれば成人男性全体の半数程度が「メガネ男子」でしょう。フェチ女性はメガネの男性すべてに関心を持つわけではありません。「似合う人」に限定されたフェチです。

下着フェチの人たちは、誰の下着でも好きになるわけではなく、きれいな女性の下着だけを愛します。時には誰の下着だかわからないものを愛好することもあるでしょうけれど、妄想の中では「美しい人」をイメージしています。自分の祖母の下着でもオナニーできるという人はいません。メガネフェチの女性たちも、誰のメガネにも興奮するわけではないのです。小さな文字が読めなくなった老眼おじさんではなく、知的でさっぱりとしたメガネの男性を好みます。どんなメガネに惹かれるかといえば、「知性」が一番の要素です。自分にないものに憧れるということなのでしょう。

フェチといってもモノにではない!?

メガネ男子を愛する女性たちも、決してメガネとセックスしたがるわけではありません。舐めまわすとかクリトリスに擦り付けてオナニーするとかといった性的興奮はしないようです。フェチといっても、メガネそのものに執着しているわけではなく、人物とセットになっているところが特徴と言えるでしょう。下着フェチであれば、臭う方がいいとか、脱ぎたてがいいなどの「使用感」が大切ですが、メガネフェチの場合には使用前使用後に限らず、モノは大事ではありません。

「男性」に対する拘りであり、挿入されるならメガネをかけた男にという性癖です。イケメンとセックスしたいとか、細身の男性としたいとか言うのと、基本的には同じでしょう。好みの一種ではありますが、性的に興奮する度合いがやや高いとは言えます。普通は性行為の時にはメガネをはずすものですが、フェチの女性はかけたまま挿入されたがります。メガネをかけた男性に犯されているという感覚で、より興奮するのです。

知性の象徴だから!?

わが国においては、メガネは知性を表していると思われがちです。受験勉強をたっぷりした結果として眼が悪くなってかけているので、頭が悪いのにメガネをかける人はいない、かけていれば頭がいいはず、というイメージが定着しています。フェチの女性たちは、こうした刷り込みの影響からメガネをかけた男性を好んでおり、本質は「頭がいい男に抱かれたい」「バカは嫌い」という心理であり、「自分自身はバカだ」というコンプレックスを抱いている場合が多いようです。

自分の知性に自信がなく恥じているため、「頭のよい子供を生みたい」という強い欲求を持っています。知的な精子を受け入れて、優秀な子孫を残したいと願っているのです。一般的に女性は強い男に憧れるものですが、それは強い体を待っている方が生存率が高いからでしょう。原始時代には生き残ることが大切でしたので、女性にはそうした本能が刷り込まれているはずですが、生きることが簡単になった現代においては、体力よりも知性の方が重視されますので、メガネフェチが登場したのかもしれません。

メガネ男子に執着する女子には、知性的な人は少ないようです。自分とは反対の知的男性に対する憧れから、メガネを好んでいるのでしょう。


Copyright(c) ようこそ、フェティシズムの世界へ All Rights Reserved.