足フェチは何に萌えるのか?

足フェチではない男性にとって、足フェチが何に萌えているのか理解できない方もいるでしょう。しかし今は足フェチでなくても、何かのきっかけで「足が好きになって来た…」となるかもしれません。

そこで、実際の足フェチの男性は何に萌えているのでしょうか?女性の足の楽しみ方を紹介します。

視覚で楽しむ

足フェチの基本です。「キレイな足を見て楽しむ」のは多くの男性が好む行動でしょうが、視覚での楽しみ方は様々です。まず「素足」が好きな方もいれば、「ハイヒールを履いた足」が好きな方もおられます。さらに「スカートから出ている太もも」に萌える男性も多いでしょう。さらに「ひざ」「くるぶし」「ふくらはぎ」などの特定の場所に萌える男性も多いと言えます。

上級者になれば、もっと様々な足を視覚で楽しみます。たとえばスポーツ選手の鍛えられた足もそうですし、「普段着の時ではなく、水着を着た時の女性の足」に萌える方もいます。マニアックなところでは「女子高生の素足」というのもありますが、間違っても手を出さないようにしてください。「YES!ロリータ!NO!タッチ!」はロリータ界の合言葉です。

変わったところでは、「ムダ毛処理をしていない足が好き」というのもありますし、「かさぶたが付いていると萌える」というマニアもいます。とにかく、自分が目で見て萌える足を探してみましょう。

嗅覚で楽しむ

足フェチのさらに上のレベルになると、「女性の足の臭いが好き」という段階に突入します。足の臭いを嗅がれることを嫌がる女性も多いですが、案外、恋人関係になれば許してくれる女性も多いと言えます。

妄想で楽しむ

足フェチ最大のテーマが「妄想」です。では、女性の足を見て何を妄想するのか?まず、M男なら「自分が踏まれる様子」を想像します。さらに、太ももが見えたらその上の部分を妄想したり、女性の足を思う存分に触っている自分を妄想することもあります。

妄想するだけなら犯罪ではありませんし、お金も一切かかりません。自分好みの女性の足を想像して、想像の世界ですが欲求を満たしてあげましょう。

写真で楽しむ

マニアックな足フェチになると、今度は画像で楽しむ方が出てきます。世の中にはそのような男性も多いので、その需要に応えようとネット上では「足フェチ必見の画像」がたくさん落ちています。気に入った写真があれば保存して、好きな時に楽しめるようにしましょう。

なお、街に出て自分で撮影される方もいますが、それは止めてください。相手にもプライバシーがありますし、盗撮の疑いで警察沙汰になる可能性もあります。

いかがでしょうか?「基本は目で見て楽しむ」ですが、そこから妄想を膨らまして欲求を満たし、「画像」という形として残すのがフェチズムです。その上のレベルに「足の臭いフェチ」などがあり、そこまでは行かないまでも、少なくとも女性の足が少し好きになる男性は多いと思います。

女性の足は、男性と違って本当にキレイな形をしています。そこに性的興奮を覚えるのは、ある意味で男性として自然なことかもしれません。


Copyright(c) ようこそ、フェティシズムの世界へ All Rights Reserved.