言葉に萌える俺…方言フェチ

旅先で方言を喋る女の子とコミュニケーションする…これもなかなかスケベ心を掻き立てる体験です。訛り言葉には、独特の温かみがあります。地元で何気なく聞いた女の子の方言に世の男性がキュンキュンしてしまうケースは多いものです。そこでツンデレ語をそれぞれの地方の方言で話すとどう違うのか?それをまとめたのがコチラです
男がキュンキュン萌える「ツンデレ方言集」~西日本編~ | ニコニコニュース
男がキュンキュン萌える「ツンデレ方言集」~東日本編~ | Menjoy! メンジョイ

旅行に出かけたとき、その土地の方言を聞くのをひそかな楽しみにしている…そんな方もいることでしょう。これも立派なフェティシズムの1つと言えます。ベッドの上で訛り言葉に触れると、何やらムラムラとしてしまいませんか? そんなあなたは、「方言フェチ」!
男性のみなさんに質問です☆彡女の子が話すとかわいいと思う方言はどこ? - Yahoo!知恵袋

地方の言葉の温かみ

方言の良いところは、言葉と感情が密接に結びついている点でしょう。

たとえば大人気の方言の1つ、博多弁には「~たい」「~と?」「~って言うとろうもん!」などの言葉があります。ぜひ、実際に発音してみてください。「~だよ」「~なの?」「~って言ってるじゃん」という標準語よりも、より気持ちのこもった言葉に思えるはずです。 「方言フェチ」の人たちは、言葉に表れる人間らしい「ぬくもり」に惹かれるのかもしれません。あるいは彼らは、少し寂しい毎日を送っている人なのかも…!?

しかし、必ずしも地方の言葉ばかりが方言というわけではありません。

標準語だって訛りだ!

外国人から見れば、日本人だって外国人です。それと同じように、標準語だって、地方の人から見れば1つの方言です。特に関西の人には、「標準語で喋る女の子が大好き!」という方もいます(反対に、標準語の男性は苦手という人も多いようですが…)。

普段、何気なく関東圏の女の子たちとベッドを過ごしているあなた。それって、関西の人たちからすればとても羨ましいことなのかも! もっとも、関東の人たちにすれば、関西の言葉が魅力的に思えるのでしょうが…。隣の芝生は青く見える、ということでしょうか。

あなたの街で満たせる「方言フェチ」

なかなか地方まで旅行に出かけるのは簡単ではありません。どうしても方言を喋る女の子とプレイしてみたい、という方は、「方言デリヘル」などの風俗を利用してみると良いでしょう。各地から流出してきた女の子たちが、言葉と体を使って心温まるサービスを提供してくれます。プレイ後には、性欲だけでなく、心まですっかりと満たされているでしょう。

しかし、「人妻デリヘル」などと同じように、結局のところ嬢たちが本当に地方からの流出者なのかは判然としません。ただ口調を真似ているだけの場合の方が、むしろ多いでしょう。「方言フェチ」はそのような意味で、少し満たすのが難しい中級フェチと言えます。

Copyright(c) ようこそ、フェティシズムの世界へ All Rights Reserved.