女性に聞いた「彼氏・夫のフェチ」とは?

足フェチ、お尻フェチ、フェチには様々な種類があります。男性の中にはフェチズムを持っている方も多く、それを彼女や妻を相手に実践される方もいるでしょう。そこで、実際に女性に行われた「彼氏・夫にフェチはありますか?どんなことをされますか?」というアンケートを紹介していきます。

583人に行われたアンケート

有効回答数583名というアンケートですが、その中で「彼氏・夫にフェチがある」と答えたのは「53人」でした。この数字をどう思うかは人によって意見が分かれるでしょうが、個人的には「意外と少ない」という印象を受けます。

それでは、「YES」と答えた女性の彼氏・夫にはどんなフェチがあるのでしょうか?また、どんなプレーをされるのでしょうか?

■お尻フェチ
「ずっとお尻を撫で回してくる」「お尻の形が強調されるような格好をさせられる」という意見が出ました。恥ずかしそうですが、男性なら気持ちは分かるのではないでしょうか?

■匂いフェチ
「体中の匂いを嗅いでくる」「汗をかいた時の匂いを嗅がれるのは嫌」という意見がありました。

■腕フェチ
「二の腕をずっと触られる。プニュプニュした感覚がたまらないらしい…」のだそうです。

■足フェチ
「汚い時に限って見たくなるらしい。何が楽しいのか分からない」という意見です。足フェチの男性は、女性を徐々に慣れさせていく必要がありそうです。

■胸フェチ
「ずっと触られる」「セックスしている時もずっと触ってる」という意見です。男は100%オッパイ星人ですので、ぜひ女性の方は理解をしてほしいものです。

■脇フェチ
「脇の下を舐めてくるのは嫌」「臭いを嗅がれるのは恥ずかしい」のだそうです。脇フェチにとって、少し臭い方がたまらないのでしょう。

■撮影フェチ
「恥ずかしい格好をさせられて写真を撮られる」「万が一、別れた後に悪用されたら怖い」という意見です。写真を撮るのは構わないですが、くれぐれもネット上に流すなどの悪用は止めましょう。

■もふもふフェチ
「モフモフの服を着せられて、体中を触られる」「モフモフしたものであれば何でも良いらしい」という意見です。たしかにモフモフは触ると気持ち良いものです。

■目玉フェチ
「目玉を舐めようとしてくる」のだそうです。フェチは個人の自由ですが、くれぐれも細菌などに感染しないよう注意してください。

■眼鏡フェチ
「メガネをかけた女性に興奮するらしい」という意見です。男性の中には、メガネをかけた女性に萌える人もいますね。

■耳フェチ
「ずっと触られる」「舐めてくる」という意見ですが、耳が性感帯の女性にとっては良いのではないでしょうか?体の相性が合いそうな気もします。

■ミニスカフェチ
「ムラムラした日はミニスカで旦那を出迎えます。高確率で抱いてくれます」という意見です。なるほど。フェチを逆手に取って利用するということですね。

■ふくらはぎフェチ
「ふくらはぎが大好きで、毎日マッサージしてくれます」という意見ですが、これは夫婦のコミュニケーションとして良さそうです。足フェチの男性は「マッサージしてあげる」と女性を誘えば良いのではないでしょうか?

■パンチラフェチ
「階段を上るときに見えるパンチラが好きらしい。盗撮で逮捕されないか心配」だそうです。盗撮は止めましょう。人生詰みます。

■肌フェチ
「露出度の高い服を着せられたり、家では裸族になることを求められました」という意見です。家の中なら裸族でも良いのでは?

■童顔フェチ
「ロリータ趣味があるわけではないのですが、童顔に興奮するみたい」という意見です。何となく気持ちは分かるような気もします。

■爪フェチ
「少しでも爪が汚れていると怒られます。キレイな爪に興奮するみたいです」というものですが、男性も爪はキレイに、そして短くしておきましょう。

■おなかフェチ
「お肉をつままれます。ちょっとポッチャリしたお腹が良いみたい」という意見です。たしかに、女性の脇腹のお肉は触ると気持ち良いですね。

■足指フェチ
「セックスの時も足の指を舐めてきます。もう慣れました」だそうです。「足を舐められる」という行為は、意外と女性はすぐに慣れるようです。足フェチの男性には嬉しいニュースでしょう。

■足裏フェチ
「こちょこちょされるのが嫌」という意見です。まぁ、仲が良い証拠でしょう。

いかがでしょうか?フェチにも色々あります。しかし上記を見ても、多くは「そんなに嫌がっていない」と言えるのではないでしょうか?つまり、よほどマニアックなものでない限り、フェチはカップルや夫婦のコミュニケーションになるということです。


Copyright(c) ようこそ、フェティシズムの世界へ All Rights Reserved.