腹筋フェチの女性は淫乱が多い!?

男性が女性の裸を見て興奮するのと同じように、女性も男性の体に興奮するものです。普通の女性はペニスに強く反応するだけですが、人によっては他の部位にも強い執着を持ちます。例えば二の腕を眺めているだけで濡れてくる、という人もいます。もちろん、二の腕をヴァギナに挿入してもらいたいと妄想する訳ではありません。そんなことをしたら、壊れてしまいます。ただ、腕にムラムラしてしまうのです。

腕のどこに惹かれるのかと言えば、「筋肉」です。力強い腕で強く抱き締められるという妄想が、女性を興奮させています。「男の強さ」を感じられる部分に「フェチ」になる女性は多く、二の腕の他に人気があるのが「腹筋」です。最近はスポーツクラブで腹筋を鍛える男子が増えていますが、それが女性を落とす上で決め手になると気づいているからでしょう。腹筋の強さはセックスの強さに繋がります。激しいピストン運動には、腹回りの筋肉の強さが必要だからです。「腹筋フェチ」の女性たちは、無意識に「抱かれる自分」を想像して興奮するのでしょう。激しいセックスがしたい、と望むからこそ、腹筋に注目してしまうのです。

腹筋が強ければペニスも強い!?

性行為の形には人それぞれ好みがあります。やさしくまったり攻められたいという女性もいれば、激しく突かれ続けたいという女性もいます。やさしさを求めるのはロマンチックなタイプで、激しさを求めるのは淫乱なタイプ。腹筋に魅かれるのは後者です。激しく何度も何度もピストン運動をするには、体力と筋力の強さが必要です。でっぷりとしたお腹の男性には、それは期待できません。

しなやかな強い腹筋をした男性であれば、永遠にピストンを続けることができそうです。腹筋フェチの女性は、腹の筋肉を見て「これなら私を満足させてくれるに違いない」と想像しています。もちろん、具体的に想像するのではなく、無意識レベルの期待感ですので、人前で語ることに抵抗を感じません。でも、「腹筋フェチなの」と言うことは、実は「激しく突かれたい」ということなのです。

海辺の一番人気は腹筋!?

夏になると男も女も海で遊びます。浜辺では誰もが開放的な気分になり、街中ではとても見せられないほどのあられもない格好で堂々と歩きます。男性は、乳首が見えそうなほどの女性の胸元や、陰毛がはみ出そうな股間に釘付けになりますが、女性たちも男の色んな部位に釘付けになっています。小さな海パンからはち切れそうに盛り上がったペニスに注目する人も少なくありませんが、最も人気が高いのは腹筋です。

多くの女性が、男の腹筋の盛り上がりや形に目をやります。男性が前を通りすぎるときに、無意識にお腹を見つめている女性はとても大勢いるのです。自身も裸に近い水着を着ているために、余計に男性の裸に反応しやすくなるのでしょう。「腹筋フェチ」ではない人も、海辺では最初に腹の形に目を止めます。女性たちは、ペニスの大きさにはそれほど関心はありません。大きさよりも固さや激しさに興味を持っています。それゆえ、パンツの中身よりもその上の筋肉に注目するのでしょう。

男性の腹の筋肉に注目する女性は少なくありません。女性を数多くモノにしたいのであれば、腹を鍛えると良いでしょう。


Copyright(c) ようこそ、フェティシズムの世界へ All Rights Reserved.