フェティシズムの世界_メイン

あなたの中の「眠れるフェティシズム」…覚醒! 言葉に萌える俺…方言フェチ 匂いフェチもきわめれば…!

世界にありとあるフェチ

banner 突然ですが、あなたは何フェチですか? え、「足フェチ」? それならまだ人に話せるレベルですね。世の中には、もっと込み入ったフェチを抱えた人もいます。世界にありとあるフェチのいろいろ、覗いていきませんか?
世の中には、実にさまざまなフェティシズムを持った人がいます。あなたの中にも、人には言えないちょっと変わった性の趣味…何かあるはず。ありとあらゆる、そんな「きわどい嗜好」、知りたくありませんか? 性の世界の奥深さに、唸ってしまうでしょう。

段階別フェチのいろいろ

フェチにも、軽度~重度まで「段階」というべきものがあると思います。割合気軽に、異性の前でも話せる軽めのフェチ。同性同士、酒が入った状態でなら笑い話になるややきわどいフェチ。そして、人前では決して話すことができず、お店で満たすことができるかどうかも微妙な重度のフェチ。あなたのフェチは、一体どのレベルに属していますか?
たとえば「足フェチ」などは、比較的カジュアルなフェチでしょう。SかMか、という話題と同じくらい気軽に、人前で話すことができます。しかし、「傷フェチ」などという込み入った嗜好は、さすがに易々と告白することはできません。もっとも、フェティシズムの真髄とは、「誰にも話せないこと」にあります。背徳的なものにこそ、人は心を惹かれてしまうもの。他人の奇態なフェチを知れば、あなたも少し心がうずいてくるかも…!?
男の「○○フェチ」でわかる恋愛傾向と相性 [恋愛] All About

フェチで華やぐ性生活

「異性の○○に対して、たまらなく興奮する…」というフェチがあれば、セックスもずっと楽しいものとなるでしょう。前戯から挿入、そしてアフターセックス、という一連の流れの中に、独自の楽しみを見出すことができます。たとえば「尻フェチ」の方ならば、異性のお尻を見ているだけでも、通常のセックスでは得られない快感を味わえるでしょう。
またフェチは日常生活にも彩りを加えてくれます。たとえば「鼻フェチ」の方ならば、ベッドの上だけではなく、学校や職場や通勤電車、そして休日の街中で、異性の鼻を楽しむことができます。生活のすべてがエッチなシーンの連続になる、とも言えるわけです。もちろん、仮に手を伸ばして触れようものならば、一気に性犯罪者となってしまいますが…。

このサイトでは、奥が深いフェチのいろいろを紹介していきます。話のネタにも使えるかもしれないので、ぜひ「好奇心」で覗いていってください。また、きわどい嗜好を抱えている方のために、そのフェチ心を満たすための方法についても考えていきましょう。


Copyright(c) ようこそ、フェティシズムの世界へ All Rights Reserved.